気になるハーレーのベルト

2009年式のFXDB(ストリートボブ)ですが、もうすぐ車検です。と言っている内にディーラーへ車検に持って行きました。2週間かかります。車検だけではありません。何かにつけて時間のかかるハーレーです。その度にやきもきしている私ですが、かれこれ7年目になります。すなわち3回目の車検です。走行距離は10万4千キロ程。オイル交換は3千キロで交換して、エアークリーナーエレメントはブローバイガスが液体として漏れ出てきたときに交換。タイヤはスリップサインが出たときに交換(5回ぐらい交換しました)。何のトラブルもなく快調です。ここでちょっと気になっていることがあります。それはドライブベルトです。10万キロ超えて交換しなくて良いのかどうか?です。ディーラーに聞くと、「石が噛んで亀裂が入る以外は特に交換するような部品では無いが20万キロの保証はと言うと言い切れません」との事でした。すなわち

新車であろうと10万キロ走っていようと異物を噛んで切れるのはその時の運次第と言う事ですね。見て貰うと特に問題なしのようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)